WordPressでメディアサイトを開発する前の下準備

 

WordPressの開発環境準備が終われば、いよいよ開発・・・ではなくてその前に開発前の下準備を行います。

この準備が実は大事で実際に開発していくときの効率が全然違ってきます。

管理画面の設定をしておく

すごく基本的なところですが、WordPressの基本設定をしっかり行っておきましょう。

これをやっておくと納品後にクライアントが設定をやるときにわかりやすくなるので、マニュアルなど作らなくて良くなりますし、リアルなデータが入ってる方が開発しやすいです。

一般設定のキャッチフレーズを入れておく

ディスカッションの設定

コメントを許可しないようにしておきましょう。

パーマリンク設定を変更しておく

パーマリンクはカスタム構造で

/%category%/%post_id%/

がおすすめです。

なぜならURLに意味合いをもたすことはSEO上有利とGoogleのガイドラインで掲載されているからです。

基本に忠実なSEOを心がけましょう。

ダミーデータを用意する

ダミーデータの存在はかなり大事で、開発でデザインを整えるときも記事がリアルかどうかで印象が変わるんですよね。

ダミーカテゴリを用意する

同じようなサイトを調べてコピペでいいのでダミーデータを入れます。

同じくカテゴリスラッグも設定します。

ダミー記事を用意する

あとで消すことになりますが、各カテゴリの記事を用意しましょう。

ダミー記事は単純にコピペで良いのですが、strongタグやh1タグh2タグを忠実に再現しましょう。

デザインの確認に必須です。

また、画像やアイキャッチも用意しましょう。

セルフピンバッグをオフにする

内部リンクを充実させると利便性も高まり、SEO的にも有利ですが、WordPressのデフォルト設定だと、自分の記事にリンクを貼るとセルフピンバックとしてコメント欄に表示されます。

邪魔なのでオフにしておきましょう。

function.php

function no_self_ping( &$links ) {
 $home = get_option( 'home' );
 foreach ( $links as $l => $link )
 if ( 0 === strpos( $link, $home ) )
 unset($links[$l]);
}
add_action( 'pre_ping', 'no_self_ping' );

 

更新通知をオフにする

テーマをカスタマイズしていくので、勝手に更新されるとカスタマイズされた内容がリセットされてしまう場合があります。

また、VPSなんかを使ってると自動アップデートさせたくないし、パーミッションも許可させないほうが堅牢なので、手動更新が良いです。

クライアントに質問されるのも面倒なので更新通知は一旦オフにします。

 

function.php

//本体のアップデート通知を非表示
add_filter('pre_site_transient_update_core', create_function('$a', "return null;"));

//プラグイン更新通知を非表示
remove_action( 'load-update-core.php', 'wp_update_plugins' );
add_filter( 'pre_site_transient_update_plugins', create_function( '$a', "return null;" ) );

//テーマ更新通知を非表示
remove_action( 'load-update-core.php', 'wp_update_themes' );
add_filter( 'pre_site_transient_update_themes', create_function( '$a', "return null;" ) );

 

まとめ

とにかく、本番と同じ環境、同じ記事を再現することが大事です。面倒ですが後で色々楽になるのでやっておきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
西尾学
会社の代表やってます。遊ぶように仕事やってます。