関西で業務アプリの打ち合わせしてきました

業務アプリというのは、販売管理やら会計やら、在庫管理やら主にオフィスの事務作業を自動化するためのものです。
弥生会計とか勘定奉行とかが有名ですよね。

会計ソフトだと最近はfreeeだったりMFクラウドだったりがクラウドで便利な仕組みを構築してくれてて、会計業務の多くはスマホでも対応できるようになった気がします。
会計は国のルールに従って仕組みが決まるので、どんな会社も基本的にやることって一緒なんですよね。もちろん大きい会社と小さい会社でルールが多少違いますが、会計の決まりは同じなわけです。

なので、会計アプリは国が要求する決算書のフォーマットや複式簿記のルールをその通りDBに入れて出力するだけなので、「取引」を入力して「集計」が出て「決算書」が出せる。と、どの会計アプリを使ってもできることは一緒なのです。

その代わり会計アプリ屋さんはUIやUXをより良いものにするように頑張ってたりします。

例えばfreeeだと、複式簿記のルールを知らなくても取引登録できるように、直感的に入力できるようになってたり、銀行口座の取引履歴から勝手に仕訳予想をしてくれたりします。

イマドキの会計アプリのキモはUI・UXでそこに目をつけたのがfreeeだったりMFクラウドだったりします。たぶんこれからは機械学習とかで統計出したり、ビッグデータやらが熱くなってくると思います。

さて、会計に関しては国がルールを決めている以上、ロジックは全部同じにならざるを得ないし、

国のルールが変われば会計ソフトのロジックも変わるので、会計ソフトを小さい会社で自前で作るってことはまぁあり得ないわけです。

簡単な例で言えば消費税で、税率が変われば、会計ソフトのプログラムも全部変えないといけません。他にも法律は毎年ちょこちょこ変わったりするので、中小企業で自前で会計ソフト作ったら毎年の改修だけですごいコストになってしまいます。

会計に関しては国のルールに従ってソフトが動くというのは先述の通りなのですが、販売管理に関しては国のルールというより商慣習や業務フローに基づくので、自前で開発する価値もあるし、エンジニアが入り込む余地もある分野なんです。

なぜかと言うと、販売管理や在庫管理ってクラウド化ほとんどされてないんですよね。
これはさっき書いた通り、商慣習や業務フローが会社によって違うがために、あまり凡庸なものに価値がないのが理由だと思ってたりします。

商品や在庫の単位も違うし、モノの流れも違うし、人の権限も違う。
会社ごとにルールが違うので、ルールに合わせてシステムが欲しかったりします。

もうひとつ、クラウドやASPでやりにくい理由として、凡庸的にやると規模が膨大になってくるからだと思います。

例えば、在庫管理で言えば小さいお店や会社でも在庫が一日500個くらい入荷して出荷されるのって普通なので、毎日何百何千とレコードが増えていくわけです。ASPなどでやろうとすると圧倒的にコスト高なんですよね。

なので、個別の会社にチューニングした在庫管理の仕組みは作る価値があるし、エンジニアに求められてるのもそこだと思うのです。
会社ごとの業務フローを理解して、適切な設計してイケてるUIを作る。

と、こう書くとエンジニアにとっては、ブルー・オーシャンな市場な気もしますが、実際にはこれらのミッションを販売奉行とかより安く作ることを要求されたりもしますので、ウマイ話ってのはなかなかなかったりします。

結局技術力と効率がものを言うので、俺のRails力が火を噴くぜ!( ー`дー´)
ってやつですね。

そんなわけでこれからまた東京ですよっと。

サイト制作無料相談 サイト制作無料相談