アプリ開発・ウェブ開発

日本最大級セミナーのポータルサイトの開発に関わらせて頂いています

セミナーズはラーニングエッジ株式会社さんが2004年あたりから運営する日本最大級セミナーのポータルサイトです。 正確には「日本最大級セミナーのポータルサイトでした」と言ったほうが正しいかもしれません。

セミナーズへのリンクはこちら

弊社は旧セミナーズの後期から保守で関わらせて頂いているので、 セミナーズの歴史をすべて知っているわけではないですが、 2000年代のウェブサービスがそこまでブームになる前からウェブサービスに投資して実質セミナー業界でのポータルNo1サイトであったのはラーニングエッジ代表の清水さんの先見の明だったと思います。

クライアントを含めての開発ミーティング

時代は進み、ウェブサービス乱立時代になり、セミナーズが徐々にレガシーになっていきました。 2000年代はウェブのフレームワークもまだ確率していない時代でしたが、2010年代になるとフレームワークの確立とともに色んな会社がウェブサービスに投資しはじめてきたのです。

そんなわけで、現在はNo1ではなくなってしまったかもしれないセミナーズをリニューアルして名実ともにNo1ポータルサイトに戻すのが今回のプロジェクトです。

事業責任者の金澤さん

レガシーな負の遺産を駆逐する

TLS1.0問題

2018年セミナーズでクレジット決済ができなくなりました。 決済サービスのGMOペイメントがTLS1.0の通信を受け付けなくなったのです。
TLSは通信方式のひとつですが、最近ではTLS1.0を使うことは脆弱性の理由から推奨されていません。 GMO側は一定数の顧客を切り捨てるリスクを取りながら、TLS1.0の通信を行ってるユーザからのアクセスを遮断したのです。
セキュリティを考えると当然のことですが、旧セミナーズはCentOS5系でこの影響をモロに喰らってしまいました。

TLSのバージョンアップにはOpenSSLの再インストールなどが必要ですが、yum自体がOpenSSLに依存していたり、古いCentOSにはリポジトリがなかったりで一筋縄でいきません。 また、OpenSSLがアップデートできたとしても、Apacheの入れ直し、PHPが古いCurlに依存していたりなどで入れ直しと、古いOSのアップデートは諦めることになります。

そういった理由から、新しいOSで新規で環境を作るわけですが、セミナーズ自体は古いPHPや古いOSに依存する部分も多かったので、こちらも四苦八苦することになります。

終電終わりまでサーバ構築を手伝ってくれた人

EC2-Classic問題

旧セミナーズはEC2のクラシックインスタンスが使われておりました。古いインスタンスは「スペックあたりの費用が高い」「VPC前提としてない」「シャットダウン後にElasticIP外れてしまう」などなど色んな制限があって不便でした。がそれ以上に問題だったのはEC2-ClassicがAWS都合でいきなりディスコンになってしまったことです。

AWSのような先進的なサービスだと古いサービスをどんどんクローズしていくので、まとに保守するのも難しくなっていきます。

静的ファイルのスケール

旧のインフラ構成は静的ファイルのスケーリングにNFSを使用していました。NFSはEBSのボリュームを使っていたのでスケールするにはボリュームを追加していかないといけないわけです。これだと身軽にスケールすることができず、スケールすればするほど体重が増えるような辛さがありました。

また、NFSサーバが何かのトラブルでダウンした場合、APサーバがボリュームへ接続できなくなり一緒に落ちたりで復旧に時間かかるしかなり面倒な構成でした。

そのような問題から新サーバではS3を基本ストレージとしています(今なら普通構成ですが。。)

古いフレームワークを使い続ける限界

セミナーズはCakePHP2を使っていました。古いフレームワークを現在の環境で再現するのは一苦労で、古いPHPをインストールして古いOSで動かすという作業が必要になります。DockerもないのでVagrant boxを作ってなんとかよく似た環境を再現していました。新サイトではRailsを基本にフロントエンドにVueJSを利用したモダン構成としました。

ラーニングエッジの事業担当金井さん

メールサーバ問題

セミナーズではメールマガジンをよく使っていたようです。ですが厄介なことにlocalhostのpostfixをSMTPサーバとしてメールを送っていたので、バウンス率が非常に悪く迷惑メールに行きがちになっていました。

また受信もpostfix virtualhostで行いそのメールを転送するという身動きの取りづらい構成になっていました。新セミナーズではsendgridにメール関連のインフラを投げて本体を非常に身軽にしました。

SEOの課題

負の遺産をできる限り取り払った新セミナーズは7月からベータでローンチしております。とはいえ、まだまだミニマム機能でこれから徐々に機能を追加してより使いやすい名実ともにNo1のポータルサイトに持っていくわけですが、まずはSEOの強化を行っていくのが近々の課題です。

というのも旧サイトではコンテンツ自体はかなり多いのですが、古いセミナーや価値のないコンテンツもGoogleにインデックスさせていたために、Googleからの評価が非常に低くなっていたためです。

新しいセミナーズでは一般的なSEO項目だけではなく

  • 古いコンテンツのindex制御
  • 重複コンテンツの排除
  • カノニカル設定
  • 構造化データ

などを行ってユーザにもGoogleにも優しいサイトを構築していこうと思っています。

追加の機能実装予定も多々ありますがとりあえず今回はこのあたりで^^;
また徐々に公開していこうと思います。

開発隊長の阿部さん
元開発隊長のなつきさん

セミナーズへのリンクはこちら

The following two tabs change content below.

SNS