株式会社LIGのライター 野田クラクションベベーは何者なのか?

株式会社LIGのコンテンツマーケティング

先日、社長の西尾から「こんなんマーケティングになるの!?」と、株式会社LIGのブログを見せられました。

 

株式会社LIG
https://liginc.co.jp/

lig

 

面白い記事がたくさん並んでいますが、これが売り上げにつながるとか、会社の利益につながるとかってのがよくわからないと。

「こいつら遊んでるなぁ」とか

「ふざけてアクセス集めてマネタイズできてねぇだろきっと」とか

そんなふうに感じてる人が多いということで、ちゃんとマーケティングになってるよってところをさくっと解説していきたいと思います。

 

野田クラクションべべーとは

LIGの記事の中でもひときわ目を惹くLIGの専属ライター(?)がいます。

 

「野田クラクションベべー」

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%98%e3%82%99

この名前を聞いたことがある人も少なくないと思います。

日本中を旅してブログ記事を書くという仕事を株式会社LIGに雇われているブログのライターです。

LIGの紹介ページとか、twitterにプロフィールがありますが、超短くまとめてみました。

 

●LIGのライター

●新卒入社

●入社以降一度も出社していない

●日本を旅してブログを書く人

●最近は音楽活動を開始した

●座右の銘は「ペラペラなマイライフ」

 

水面下でどんな仕事をしているかはわかりませんが、表面的には日本を旅して記事を書く、ということに専念しているように見えます。

 

最近の主な記事

お腹もココロも満たしてくれる。青森県三戸町で食べた「豚汁定食」が絶品だった。

【1泊200円】京都大学に存在する日本最古の学生寮「吉田寮」に泊まってみた。

旅するバンド「旅と音楽」を結成!静岡県下田市で、波が僕らを待っていました。

 

bebe_article

なので、
「こいつら遊んでるなぁ」とか

「ふざけてアクセス集めてマネタイズできてねぇだろきっと」とか

思ってしまうわけなんですが…

 

LIGレベルの頭の良い会社さんが意味もなく雇うわけがない

ブログのライターなのでマーケティングに強く影響を与えていることはみなさんもわかっていることだと思いますが。

さて、LIGはベベーに日本を散歩させることによって何を得ようとしているのか

 

野田クラクションベべー記事のターゲット一例

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%98%e3%82%99%e9%96%a2%e9%80%a3

 

ターゲットになり得る人として「学生」をあげてみました。

ベべーが書く記事は、旅行・節約・面白いなどなど、若者が好きそうで、しかも時間がある、ちょうど大学3,4年生あたりが好きそうな記事だということがわかります。

実際に学生からのアクセスは多いはずです。

 

学生以外のアクセスもあるとは思いますが、まずはこの学生のアクセスがどうやって利益につながるかですね。

 

大学3,4年生がみんな暇だと思うな!、という話ではなく、実際に相当数の学生がお金のかからない旅行や面白いことに興味があるんだ、ということを念頭にアクセスの流れを感じてみてください。

 

学生のアクセスがどう流れて利益になるのか

まず、LIGでは広告事業をやってます。

HPに他企業の広告を掲載してお金をもらう事業ですね。たとえば「Green」というIT・WEB関連の求人サイトがありまして、ここが2013年からずっと広告掲載しています。

料金的には50万回広告が表示されると5万円って感じですね。ここに学生のアクセスをたくさん流せたら継続的に利用もしてもらえるし、アクセスの質もあげられるというわけです。

green

 

ついでに話しておくとGreen自体のマネタイズは、登録者が就職した瞬間と、企業が募集記事の作成を依頼した瞬間です。

とうぜん登録者が多く、マッチングの機会が多いほど利益につながるということです。

上のターゲット、学生で旅行をする時間があるような大学3,4年生は潜在顧客としては十分すぎるお客さんになり得るでしょう。

 

記事を読んだ学生は、記事の横や途中にあるGreenのリンク画像が気になって押下、そしてGreenのサイトへと流れていきます。

 

逆に企業側を増やすための記事は、ベべー記事ではなく、ほかの企業向け記事がお客さんを連れてきているはずです。

 

さらに、求人にも影響あり

ベべーの記事を読んで、多くの人が感じるのは「面白そうな会社だなぁ」ってとこかなと思います。

大学3,4年生に面白そうな会社だなーって思ってもらえるのは企業の未来にとってとんでもない価値になりますね。しかも、LIGの社員を見てみると、会社の風土、文化、雰囲気に合った人材が応募してくる可能性が高い記事になっているように感じます。

単なる現金のマネタイズよりも、求人の価値のほうがでかいのではないか、というのがなんとなく思うところでございます。

優秀な新卒を採用するのにどれだけの時間とお金がかかるか考えたら、ベべーの功績はすごいものになるのではないかと思います。

 

意味のないブログ記事はない

現代のマーケティングの基本として、好きなことでも何でもいいから、ブログで記事書いてアクセス集めれば集客できるという見方ができます。

しかし、努力と根性でアクセスを増やすだけではなく、マーケター&経営者として考えるべきは獲得したアクセスが自社サービスへ流れるスピードを加速させるにはどうすればいいか、です。

ベべーの記事は面白く、さらにターゲットを求人サイトGreenにしっかり合わせてきてたり、求人を有利にしている点で秀逸と言わざるを得ません。

 

ぜひぜひ、アクセスの流れを意識してLIGの記事を見てみてください。とても面白いですよ^^

 

 

The following two tabs change content below.
塚田和典
マーケティングの人です。
サイト制作無料相談 サイト制作無料相談