究極の問い合わせフォームを作ろう!

究極の問い合わせフォームを作るサービスを考えてます。

 

多分このページにたどり着いたあなたはネットに詳しくてITリテラシーが高いんですが、

一般の人はそこまでネットに詳しくなくて、慣れてないので問い合わせフォームがこんな感じに見えるんです。

 

 

contact_form

 

普通の人はスマホをメインアクセスがほとんどで、ソシャゲやったりまとめサイト見るくらいしかスマホ利用してないので、スマホを使ってフォーム入力することに慣れてないし、自分のメールアドレスやパスワードも覚えてなかったりします。

実際フォームの入力って超めんどくさいんです。

 

でも、実はユーザーにフォームを入力させなくても自動で取ってこれる情報もあるので、その情報はあらかじめフォームにセットしてあげるだけで離脱を改善できたりします。

例えば、スマホが持つオートコンプリート機能に最適化してやれば、ユーザーはフォームの内容をほとんど入れなくて済むようになります。

 

フォームの改善ってめちゃくちゃ大事です。

例えば、問い合わせフォームのページに月に300アクセスあったとします。20%の60件が問い合わせして、そのうち10%の6件が成約し、売り上げが60万円としましょう。

もし問い合わせへの成約率を20%から30%に上げることができたら、売り上げは90万円となります。

 

アクセスの流れを改善すれば、その効果は長く続きます。問い合わせフォームの変更の場合、メンテナンスをする必要もありませんので、ほったらかしで売り上げの向上を保つことができます。

「問い合わせフォーム」の最適化はアクセスがあるなら効果をすぐに実感することができます。

ただ、本気でやるとしたら問い合わせフォームだけでも結構な工数を要します。

・流入の経路を調べる

・ユーザーのセグメントを分ける

・離脱の理由を徹底的に調べる

・ページの表示速度を調べる

・フォームの項目数を調べる

・バリデーションエラーのUIを設計する

・メールの配送状況を調べる

 

その他できることを徹底してやります。場合によってはフォーム自体をSPA(シングルページアプリケーション)に作り変えます。

そもそも流入の数が少ないって場合はマーケティングの方からご相談下さい。

 

 

久しぶりに営業っぽい記事を書きましたが、ご機嫌に仕事してますので、とりあえずお気軽にお問い合わせ下さいなっと♪

 

form_image

The following two tabs change content below.
西尾学
会社の代表やってます。遊ぶように仕事やってます。

最新記事 by 西尾学 (全て見る)