「売るためのサイト」と「人を集めるためのサイト」を分けて考えよう

このサイトでも何度も書いていますが、今の時代ウェブサイトを作ってもそれだけじゃ誰も見てくれないし、何も考えずにサイトを作るのは、裏路地でお店開いてるようなもので、つまり誰にも見つけてもらえないんです。

昔は「ホームページは24時間働く営業マンです(´∀`)」みたいな営業してた会社多かったんですが、今は(実は昔も?)サイト作ったら勝手に営業してくれるってことはないです。あるとしたらライバルがいない場合くらいでしょうかね。

 

 

サイトを作って成果を出そうと考えてる人が期待していることって、問い合わせとか受注とか資料請求みたいことだと思うんですが、その手前の集客も一緒に期待してるのが大きな勘違いなんですよね。

正しくは 集客するサイト + 成約させるサイト って考えるべきです。

もしくは 集客するページ + 成約させるページ ですかね。

 

集客ページは、とりあえずターゲットユーザーに知ってもらうためのページです。面白かったり、ネタだったり、ためになったり、話題になったり。

成約ページは売るために作るページです。売りに専念するページなのでここでは集客しません。

 

多くのサイトは問い合わせフォームなどの成約ページがあるんですが、集客ページがないんです。

で、成約ページもとりあえず作って置いてるだけって感じで、セールスする気がないものが多いんですよね。

 

この集客と成約って専門的な知識がいるのかと思うかもしれませんが、全然そんなこともなく、たまたま昨日教えてもらった税理士さんはウェブの知識もあんまりないのに、ものすごーーーく集客して、ものすごーーーく稼いでたりしてました。

こちらは色んな知識を駆使してサイト作ったりデザインしてるのに。。。

集客と成約って専門知識はあんまり関係ないんですよね、、

しかも、そういう人って非常に泥くさくサイト作って集客してたりしてて、見た目のセンスとか全くないわけですが、売上にはあまり関係なかったりするんです。

 

ってことで、次回「しょぼいサイトで集客しまくってる税理士さんの例」を記事にしようと思います。

 

The following two tabs change content below.
西尾学
会社の代表やってます。遊ぶように仕事やってます。