ターゲット選定はとっても都合の良いお客さんを妄想するところから始まる

事業立ち上げでよくあるターゲットの話

ちょっと経営に触れてみて勉強を始めると、やれ「ターゲット」だ、やれ「ペルソナ」だ、とうるさいですね。ペルソナてwかっこいいわぁw

こういう単語一発で表現されたものは、意味の取り方がいっぱい合ってどうすればいいのかわからなくなります。

 

意見は色々あると思いますが、ぼくの場合ターゲットとは「私たちにとって都合の良いお客さん」です。

すごく心象の悪い言い方ですね。都合の良いお客さん、これがターゲットとは。

都合のいいお客さんとはどんなお客さんなのか、ちゃんと説明していきます。

%e9%83%bd%e5%90%88%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%82%a4%e7%94%b7

こんなお客さんがいたらいいなぁ・・・

っていう妄想をしながらターゲットを設定していきます。

あなたにとって大好きなお客さん像に対してマーケティングを行っていくわけですね。何よりその方がテンションが上がるから。

 

ビジネス的に論理的じゃないというか、効率の悪そうなやり方ですが、経営者や従業員の熱意や意識を向上させる方がマーケティングは成功しやすいです。

感覚的に理解できない人に興味を持ってもらうより、大好きな人を面白がらせる方が楽、ということです。

相手の気持ちがわかり、相手の行動がわかり、その上で好きだから何で喜ぶかわかる、だから成功する。

 

何だから恋愛のようになってしまいましたが、ビジネスの基本は関係作りであります。ぜひぜひあなたにとって最高に都合の良いお客さんを妄想して、そこからはじめてみてください。

 

あなたの商品を本当に必要としているお客さんを選ぶ

商品やサービスの価値は絶対的ではありません。受け取るお客さんによって大きく変わる相対的なものです。

「WEBサイトさえあれば儲かるのに!」と考えてマーケティングをしていないお客さんに、WEBサイトだけを制作して料金をもらうのは、鼻水かんだティッシュをあげてお金もらうのと一緒です。

 

どんなお客さんが自分たちを必要としてくれるかとか、自分が役に立てそうなお客さんってどんなだとか、自分がいたことを泣いて喜んでくれる人って誰だとか、考えます。

そうすると、お客さんも喜びますし、単価も伸びますし、無理な仕事をする必要もなく、スムーズにビジネスを進めることができます。

 

逆に考えて、一番大きな金額を支払ってくれるのはどんな人か、と考えてもいいです。こちらも心象の悪い言い方ですが、上記と意味的には変わりません。自分たちの価値が最大になるのは、どんな人にサービスを提供した時か。

買ってくれる人が一番多い年齢層は?とか考えません。たくさん売れても、価値が最大にならなかったら単価もあげられない。こちらも仕事をするのが辛くなってしまいます。

価値が大きくなる年齢層を考えるべきです。

 

「本当にありがとう!」と言ってくれるのは男性か女性か。

「君がいて助かった!」と言ってくれるのはサラリーマンか、社長か。

「素晴らしい仕事をしてくれたね!!」と言ってくれるのは独身か既婚か。

 

こんなふうにターゲット、ペルソナを設定していきます。

 

ここで決まったターゲットに向けてマーケティングします。

マーケティングというか、何が好きで何に興味を持っていて、どんな人生を辿ってきたか調べて、注目を集めるというだけなんですけどね。

 

また、ターゲットを決めてやっていても、ターゲットで設定した以外のお客さんもきます。お客さんが何に興味をもってあなたのサービスを選んだの調査していき、さらにマーケティングを磨いていきます。

この繰り返しです。

 

統計が取れるようになると、売り上げに最適化したマーケティングを施すことができますが、スタートアップの場合は都合のいいお客さんで良いということが少しでも伝わったら幸いです。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
塚田和典
マーケティングの人です。