ラジオで成功したBIG MOTARのマーケティングを解剖

ブログ以外の可能性、マーケティングの最適化

マーケティングは、最高に効率の良いところを見つけて集中的に資源を投下していくのがリソースの少ない中小企業の基本です。

ブログだ、コンテンツだ、とみんなが言っている昨今ですが、あなたの会社のマーケティングは本当に最適化されてますか??

今日は、あんまり使う人が少ないラジオマーケティングのお話です。

 

BIG MOTARのラジオマーケテイング

ラジオをマーケティングに使うって勇気入りますね。参入障壁高そうで。

しかし、その分成功すればリターンもでかい

 

中古車買取、販売を行っているBIG MOTARですが、一時期ラジオによるマーケティングが激しく、最近多いなぁとか思っているうちにアレヨアレヨと店舗数がめっちゃ増えていきました

販売にも力を入れているので、ガリバーより目立ってきてるように思います。

ちなみにガリバーもラジオでCMしてますね。

 

中古車買取業において、面白いラジオCMを流すことはとても効果のあるマーケティングです。

なぜかと言うと、運転をする人はラジオ聞いている可能性が高く、さらに車を所有している可能性が高いから。

 

ざっくりしすぎているかもしれませんが、このざっくり感でただ垂れ流しにするより、マーケティングの効果は10倍以上になると推測できます。

 

地方で中古車買取販売をやってる方はローカル番組にCMを流したり、地域縛りの強いメディアに流すとコストパフォーマンスが劇的に上がると思います。

ターゲットにした(あなたのビジネスに都合の良い)お客さんの行動、ライフスタイルがわかれば、こうした戦略がたくさんたてられますね。ざっくりでいいんす

 

ざっくり切り分けマーケティング

自社のサービスや商品のチラシを、関連性の高いお客さんへと届けるためにざっくりターゲットを絞る

奇抜なアイディアや、特殊スキルを必要としませんので、楽しく効果を上げることができます。

 

絞るというよりは、切り分ける感じ。

車乗る人は〜ラジオよく聞くよね。じゃあラジオでやってみよかー。という程度。関連性の高いお客さんが多そうなところに情報を投下するわけです。

まぁ全国ラジオの広告費って高いので、地域で切り分けたり、時間で切り分ければコストも下げられます

項目数を多くすれば、手間はかかりますがコストパフォーマンスよくなりますのでお試しアレ。

ざっくりと。

 

他の業界で、私が考える一例を出して見ましたのでこちらの記事もどうぞ。

銭湯に不用品回収のチラシ・ざっくり切り分けマーケティング

 

The following two tabs change content below.
塚田和典
マーケティングの人です。