銭湯に不用品回収のチラシ【ざっくりマーケ】

銭湯に不用品回収のチラシを置くがいい

私はマーケティングについて、自分に関係がないとしても何か思いつくとメモしたりします。そういうのを公開していきます。

 

例えば、不用品回収業をやってる人なら、銭湯にチラシを置くとか、銭湯の情報コンテンツを発信してみるのはどうでしょう?

 

不用品回収の場合、ゴミ屋敷の片付けがかなり大きな仕事になります。ゴミ屋敷に住んでる人の生活、ライフスタイルを考えて見ましょう。

 

ゴミ屋敷になる人って、とりあえずゴミ袋をベランダに貯めるらしいですね。いっぱいになったら今度はベランダの窓周辺。これもダメになるとトイレやお風呂・・・。

ということで、必須のライフライン(?)がはじめに塞がれるのは、トイレかお風呂ですね。たぶん面倒くさがりなので、お風呂の浴槽から埋まるんじゃないですかね。シャワーだけ浴びれればいいって感じで。トイレは塞がれると生活厳しくなるので。

 

で、私は銭湯の町、北千住に住んでるので銭湯に行くことがあります。というか先々月まで家に風呂がなくて作ったんですけど、それまではずーっと通ってました。風呂なし一軒家、70平米で6万円という激安家賃の家に住んでいますw

 

それはおいといて。

 

銭湯に行くと、不思議なことに20代の若者が何人か毎日銭湯に通っているのがわかりました。これはいかに。

この人たち全員風呂なしの家に住んでるのかとも考えましたが、いやいやそんなことする人がたくさんいてたまるものか。一度帰りが一緒になって並走してたら普通に新しめのアパートに入っていきました。

 

これはいかに。

 

いかに。とか言ってますが、実は不用品回収業を自分でやったことがありまして、ブログマーケティングで成功させた経験があるのですが、これ恐らくゴミ屋敷住んでるんですよね。

風呂が使えないから、銭湯にきている。※確実ではありません。が、可能性はすこぶる高い

 

この現状が見えれば、銭湯を使った不用品回収業のマーケティングができます。ちょっと難しいですが、チラシを置いてもらったり。成約が取れたら10%バックします、とか。

 

あとは、コンテンツですね。銭湯情報コンテンツを作ってサイト運営する。そこからアクセスをゴミ屋敷のサイトへ流す。自分でブログ作れる方はコストほぼ0ですからやらない手はありません。本気でやれば売り上げ100〜300万くらい伸ばせる気がします。

ちなみに私がやらなかったのは、単にリソースをもう不用品回収に使いたくなかったからです。効果がないことはないですよ。

 

地域を絞ってリスティングですかね。これは効果あるかわかりませんが、コスト次第で化けるかもしれませんね。「北千住 銭湯」。いや、「元町 銭湯」くらい絞ったら熱いかな。もちろん、そこからゴミ屋敷片付けのLPに飛ばしちゃダメですよw

銭湯のサイトに流し込んで、費用対効果を見ると。「そんなん上手く行くわけないよー」と声が聞こえてきそうですが、上手くいきそうになければないほど、誰もやってない可能性が高くなり、リターンの大きさを望めます。

リスティングはやり方次第でテストマーケティングのコストがほぼ0になりますからね。挑戦あるのみ!!

 

最後まで読んでくれた不用品回収業者さんにアイディアのプレゼントを

ゴミ屋敷住んでる人って、マンガ雑誌ため込むんですよね。2次元のエロいやつ

家にいる間常に目に触れるわけです。

いつか片付けないといけない、そういう意識は彼らにもありまして、その状況で常に目に触れる場所に広告があれば・・・

 

 

The following two tabs change content below.
塚田和典
マーケティングの人です。
サイト制作無料相談 サイト制作無料相談