WEB制作やデザインのマーケティングは人脈&バイラルが最適

最近webの業界の中を覗いた程度なんですが、マーケティングの閉塞感を感じます。

基本的に人脈で、仕事が仕事を呼んでくれる感じに個人事業の流れで活動している方が多いようです。

 

なぜバイラルが集客のメインになってしまうのか

口コミが集客のメインになってしまうのは、おそらく信頼の獲得が難しい業界ということだと思います。

実際の作業がどんな工程で行われるのかが見えない仕事は信頼されにくいですね。WEB制作も、不用品回収とかも。ぼったくられるんじゃないか心配になります。多分、詐欺まがいの料金を請求している業者も多いだろうし。

 

こうした業界では口コミがメインとなりやすく、特に代表者の人柄が売り上げに大きく関わっていて、それ以外の集客を試みてもあんまり効果がなかったりとマーケティングに閉塞感を感じやすくなります。

では、どうしたら良いか。

 

①バイラル効果を加速させる

②信頼を得るための工夫をする

③比較される

 

これっきゃない!

 

バイラル効果を加速させる

これができれば一番いいと思います。WEBデザイナーは18時まで働いて、夜はたくさん遊びましょう。

Facebookで繋がって、LINEで繋がって、自分がどんな仕事をしているかくらいは教えるけど基本趣味とか遊びの話をして、困ってる人がいたら自然な流れでお仕事をもらう。

お仕事くれくれって言わない。

 

ビジネスライクに言えば、人はコンテンツです。面白くなかったら誰も見てくれない。

仕事くれ、お金くれ、って言い続けるブログコンテンツを誰が見るでしょうか。

ライスみたいに「仕事くれーぃ!!金くれーぃ!!」って言ったら面白いのでこれはありですけどねw

 

よく「遊ぶ人は仕事ができる」なんて言いますが、一番仕事ができる人は受注を受けることができる人=営業・マーケターです。どんなに良い物を作れても、どんなに仕事の効率が良くても、人を集めモノを売ることができる人がビジネスでは最強です。経営者は仕事を持ってこれないとやってけません。

ということで、全力で遊ぶ時間を作りましょう。信頼獲得が難しい業界では、これが一番。

 

信頼を得るための工夫をする

信頼を得ることが難しい業界で、信頼を得る努力をする。

この戦いは意地になってしまうと、やればやるほど結果が出なくてハマっていくのでやりすぎは注意です。

ただ、最低限やるべきことはあります。

 

「なんか安心するな」「なんか優しい感じだな」そんな気持ちを与えるウェブサイト、広告等を作成していきましょう。

ウェブサイトに来たお客さんが、なーんか信頼できそうなんだよな、と思えるサイト作りを徹底的に意識しましょう。スタッフや事務所内の写真を撮ったり、動画を撮ったり、姿・声・全体の雰囲気をお客さんに知ってもらう努力をします。

 

ブログはとても効果があります。自社に不利益になりそうなこともしっかり伝えていきましょう。お客さんの信頼獲得ができるように、ウェブサイトに来た人をもてなすつもりで。

 

また、気恥ずかしいかもしれませんが、信念・理想をしっかり語るのもお客さんを安心させる要因となります。それを伝えるためのページを作り、ブログを読みに来たお客さんの目に止まる位置にリンク画像を置いておきましょう。

 

最低限のことをするだけで、意外とお客さんの信頼をいただけるものです。周りは会社を確認して見てください、その辺は本気で取り組んでやっていませんから。

 

比較される

最近は比較サイトが増えて来ましたね。お客さんが情報を入力することで、一括で相見積もりができ、たくさんの業者から見積もりが届きます。

そういう一括見積もりサイトに登録しておけば、単価は無茶苦茶下がりますが仕事はできると思います。

しかし、利益はほとんど出ませんし、良いモノを作るにも時間がない、人を雇って会社経営なんて夢のまた夢です。

とりあえず、お金を稼がなければいけない、実績を作りたいという方はやってみてもいいと思います。

 

なんとか先にあげたバイラルマーケティング、信頼の獲得を優先して、やり遂げていただきたい。そこにしか未来はありませんので。

 

 

 

The following two tabs change content below.
塚田和典
マーケティングの人です。