宇宙に行くかデスクトップの彼方に消えて行くか

2016年はVR元年、2017年はその流れがさらに加速するかもです。

技術のトレンドはVRと機械学習とかIoTだし、近い将来は人間の脳が直接インターネットにつながって、電脳などと呼ばれるような、攻殻機動隊みたいな世界になると思われます。

そんなわけで、ゴースト・イン・ザ・シェルの公開1ヶ月前で大変楽しみです。

人類の進歩はVRやAR方面に行くのは間違いなさそうですし、既に、サマーレッスンみたいなけしからんコンテンツも出てきてるわけで、インターネットは、「現代社会にバラ撒かれたアヘン」と言われてたりもします(´・ω・`)

もし電脳みたいな世界が本当に来たら快楽中枢を直接刺激することもできるし、人はどんどんデスクトップの彼方へ消えていって帰ってこないと思うんですよね。

VRとか機械学習って人間をどんどん引きこもりにさせる技術なので、そのうち部屋から一歩も出なくてよくなるし、人と話さなくてもよくなるし、結婚しなくても子ども産まなくても幸せになる時代がくるわけです。

 

そこで宇宙ですよ。

 

もしかしたらシンギュラリティーに到達すると人類は終わるかもしれませんし、シンギュラリティー以降の技術は宇宙に行って手に入れないといけないかもしれないです。

イマドキの起業家の中にはVR・機械学習・IoT系の人以外に宇宙系の人がいます。

頭のいいぶっ飛んだ人は宇宙ビジネスやってるし、ホリエモンやらイーロン・マスクやらはいち早く宇宙ビジネスに投資してたりします。

んなわけで、宇宙に投資できるような会社を作りたいと思ってる3月でした。

The following two tabs change content below.
西尾学
会社の代表やってます。遊ぶように仕事やってます。
サイト制作無料相談 サイト制作無料相談