明るいSESの時代がくるかも

IT業界では昔からSES(システムエンジニアリングサービス契約)という契約があります。

いわゆる”人出し”、”人材売り”です。平たく言えば派遣ですね。

IT業界ではSESやってる限り潰れることはないと言われるくらい手堅い商売です。

ところが、SESのイメージって超悪くて、ブラックなイメージが強いんですね。

派遣する先も金融とか基幹システムとかだったりと、お堅い業界が多いので、規則も厳しく派遣先に順応できるソルジャーじゃないとやっていけないし、IT業界の中でも保守的な分野です。

ちなみに、僕はITスタートアップでイノベーションを起こしたがる連中を「渋谷系」

SESやSierなどの手堅いスーツ野郎を「丸の内系」と呼んでいます。

 

さて、ここ最近プログラミングのスクールが流行っているようです。市場の伸びも良い感じで既に英語教育市場より大きくなりつつあるらしいです。

同時にIT需要も大きくなり、プログラマーは今は売り手市場でひっぱりだこです。

今までみたいに金融とか基幹システムじゃなくて、ふつーの中小企業でもウェブサービス作ったり、ウェブメディア作ったりでそれなりのお金を動かせるようになってきたので、社内でIT部門を作りたい会社は増えてきた気がします。

でもね、非ITの会社は目利きの能力がないんですよね。

採用の仕方もわからないし、評価のしかたもわからないし、会社に知見や文化もないからトップダウンで指示出ししたりすることが難しかったりします。

そんなわけで、普通の会社のIT部門をアウトソースするようSESがこれから需要出てくるんじゃないかなぁと睨んでる昨今です。

名付けて「明るいSES」

お堅い会社に派遣されるのではなく普通の会社のITにまつわることを解決するために派遣されるイメージです。

もうちょいブラッシュアップして企画練ろうと思います♪

The following two tabs change content below.
西尾学
会社の代表やってます。遊ぶように仕事やってます。