iPhoneライクな日本製Android「麗」(REI) を使ってみた

人生通算3代目のAndroid機購入しました。

SIMフリーフォンの中ではHuaweiと迷いましたが、アプリの検証や、業務用に使用することも想定してできるだけ素のAndroidに近い機種を選びました。

rei_image1 rei_image2

 

箱から本体カラーまでiPhoneそっくりです。日本企業もっとプライド持ってくれよと思いつつ、良くも悪くもiPhoneに似てるので満足度はそこそこ高いです。

rei_3 rei_4

自分のAndroid遍歴はZ-ULTRA→Nexus5→そしてこの麗なのですが、年々使いやすくなってきた印象です。

とは言え相変わらずのAndroidなので、UIとして微妙なところがいくつか。

例えば、ホームボタンをタップしたら戻るになっているんですが、ホームボタンに指を置きながら操作することも多いので、誤作動してしまったり。

マナーモードへの物理スイッチがなくて、音量の設定のところまで移動しないと設定できないとか。

でも、SIMは2枚入るし色々遊べるのでとりあえずAndroidを動かしたいなら充分な感じです。

 

また随時レビューを追記していきますよっと。

The following two tabs change content below.
西尾学
会社の代表やってます。遊ぶように仕事やってます。